見る・遊ぶ 学ぶ・知る

栄・松坂屋前でグランパス選手が募金活動 熊本地震の復興支援に

栄で小倉隆史GM兼監督とグランパス全選手が募金の呼び掛け

栄で小倉隆史GM兼監督とグランパス全選手が募金の呼び掛け

  •  

 松坂屋名古屋店(名古屋市中区栄3)本館前で5月22日、名古屋グランパスの選手らが熊本地震の復興支援のための街頭募金活動を行った。

 グランパスはこれまでパロマ瑞穂スタジアム、豊田スタジアムで行われるホームゲーム4試合の試合前に募金活動を実施。選手の愛用品が当たるチャリティー抽選会、クラブからの募金も合わせ、総額530万円の義援金を日本赤十字社に贈呈した。

[広告]

 この日の街頭募金活動には小倉隆史GM兼監督とグランパス全選手が参加。本館東側軒下に立ち、募金を呼び掛けた。選手らの「募金をお願いします」の声に人々が次々と集まり、足を止めて募金に応じた。

 この日集まった義援金は24万9,888円に上った。日本赤十字社愛知県支部を通じて、被災地域での災害救助および復興に使われる。

 熊本地震の影響で中止となっていた「アビスパ福岡vs名古屋グランパス」戦は、6月2日にレベルファイブスタジアムで開催される。