天気予報

29

21

みん経トピックス

栄で韓国短編アニメ特集上映栄でドラゴンクエスト展

丸の内で映画「ダブルミンツ」舞台あいさつ BOYS AND MEN田中さんら登壇

丸の内で映画「ダブルミンツ」舞台あいさつ BOYS AND MEN田中さんら登壇

(左から)淵上泰史さん、田中俊介さん、内田英治監督

写真を拡大 地図を拡大

 丸の内の東建ホール(名古屋市中区丸の内2)で5月14日、映画「ダブルミンツ」の完成披露上映が行われ、出演の淵上泰史さん、BOYS AND MEN(ボーイズ・アンド・メン)の田中俊介さん、内田英治監督が舞台あいさつに登壇した。

 同映画は男同士の極限までの愛憎を描いた中村明日美子さんの同名漫画が原作。高校時代に強者と弱者の主従関係となっていたイチカワミツオという同じ音の名前を持つ2人の男が、衝撃的な再会から関係が次第に変わっていき、取り返しのつかない犯罪の世界へ落ちていく姿を描く。主人公・壱河光夫を淵上さん、冷酷で高飛車な男・市川光央を田中さんが演じた。

 3人が登壇すると、会場から大きな拍手が起きた。田中さんは「名古屋は僕のホームで、地元の皆さんには母親のように愛情を注いでもらった。母の日に、僕自身が愛を込めて撮影に挑んだ作品を地元で見てもらえることに、運命的なものを感じている。この作品の魅力を皆さんにプレゼントしたい」とあいさつ。主人公2人の名前の音が同じため、淵上さん演じる光夫を「白ミツオ」、田中さん演じる光央を「黒ミツオ」と呼びながらトークを行った。

 原作の大ファンだという内田監督。「僕は映画作りで、脚本とキャスティングにとても重きを置いている。演技経験が少ない田中さんをキャスティングするか悩んだが、彼は役者をやりたいという気持ちを強く持っていた。映画において気持ちの入れ方はすごく重要なので、彼にかけてみた。役者として純真なので、いじると素直に変わってくれる。淵上さんはキャリアもセンスもある役者なので、彼が作る白ミツオを楽しみに待った。真逆な2人なので、見ていて楽しかった」と話す。

 「マネジャーの勘違いから、最初は黒ミツオを演じると思って脚本を読んでいた」という淵上さん。「本読みと衣装合わせで監督と話して、初めて間違いを知った。実は脚本を読んで、白ミツオに引かれていたので、うれしかった。出来上がった初号試写を見て、僕はこういう映画で主演をやりたかったと監督に話した」と振り返る。

 田中さんは「僕が今まで知らなかった世界が描かれていて、一瞬で虜(とりこ)になった。触ったらけがをするようなとげとげしさがあるのに、気付いたら抱きしめてしまっているような作品。原作ファンの皆さんの期待を裏切りたくない、少しでも光央に近づきたいという思いで撮影に臨んだ。忘れることのできない特別な作品になった」と話す。

 田中さんが監督から受けたアドバイスなどを語ると、監督が「真面目に語りすぎ。(ボイメンの)辻本さんを呼ぼう」と提案。田中さんが「この作品に一番遠い存在なので」と慌てて拒否する場面も。

 最後に3人は「僕と田中さんの顔が変わっていくところを見てほしい。自信を持って見ていただける作品。皆さんの応援で、映画が独り歩きしてくれたら、とてもうれしい」(淵上さん)、「クライマックスで光を感じるのか、闇を感じるのか、皆さんそれぞれが違うはず。それがこの作品の魅力であり、パワーだと思う。日本ではなかなか無い空気感が漂う刺激的な作品になった」(田中さん)、「100人が見て100人が面白いという映画もあるが、1人だけでも大きく心が動かされる映画があっていいと思っている。そういう映画を作るつもりで撮った作品。自由に感じていただき、思いの丈をSNSなどで伝えていただけたら」(内田監督)と話し、映画の成功を祈った。

 6月3日からセンチュリーシネマほかで公開。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

11周年を迎えた、「スカイル」9階のラーメン店「麺家 神明」の店舗の様子。
[拡大写真]

アクセスランキング