天気予報

35

25

みん経トピックス

大須・万松寺に新納骨堂ボイメン田中さん主演映画

栄で韓国アニメーション26短編特集上映 中国、インドほかアジア作品も

栄で韓国アニメーション26短編特集上映 中国、インドほかアジア作品も

「花開くコリア・アニメーション2017+アジア」で上映される「ジオット」(ホ・ジュンソク監督)

写真を拡大 地図を拡大

 愛知芸術文化センター(名古屋市東区東桜1)12階のアートスペースEFで6月10日・11日、韓国アニメーションの特集上映「花開くコリア・アニメーション2017+アジア」が開催される。主催は韓国インディペンデント・アニメーション協会、シネマコリア、愛知県美術館。

 韓国インディーズ・アニメーション作家の映画祭「インディ・アニフェスト」から選んだ作品を上映する同イベント。名古屋では8回目の開催となる。

 日本開催が10回目を迎えた今回は、同映画祭から選んだ短編26作品ほか、新設されたアジアコンペ部門「アジア路」から、中国、インドなどの8作品を併せて上映する。

 韓国アニメーション26作品は、3プログラムに分けて上映。短編プログラム1「宇宙の記憶」は、人間の胸の中から大きな世界まで、さまざまに存在する宇宙を描く9作品。短編プログラム2「宇宙の形」は、個々の内面に抱える問題から同性愛、美容整形、自然破壊に至るまで、社会問題をテーマとした9作品。短編プログラム3「宇宙の旅」は、愛を探したり、悪党を倒したりといったさまざまな旅、出会いや一歩を踏み出す姿などを描く8作品。

 短編プログラム4「アジア路」は、中国、インド、イラン、シンガポールなど、アジアの現在を感じられる8作品を上映する。

 上映作品の監督、専門家らによるゲストトークも開催。10日はプログラム2の作品「ジオット」のホ・ジュンソク監督、「アジア路」プログラム・コーディネーターのイ・ギョンファさんがプログラム終映後にトークを行い、121時から交流会も開く。

 料金は1プログラム=一般1,000円、学生500円。チケットは当日券のみ。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング