食べる 買う

久屋大通公園で地酒・ワイン・食の屋台イベント 東海の店が出店

昨年開催した「STAND Coup!」会場の様子

昨年開催した「STAND Coup!」会場の様子

  •  

 久屋大通公園(名古屋市中区錦3)もちの木広場で10月13日・14日、地酒や自然派ワイン、食事を楽しめる屋台イベント「STAND Coup! 地文化美味屋台(じぶんかびみやたい)」が開催される。

自然派ワインや地酒を味わえる(写真はイメージ)

 同期間、名古屋テレビ塔周辺の久屋大通公園で開催するマーケットイベント「SOCIAL TOWER MARKET」内で行うもの。企画担当者の榎本紀久さんによると「各地にはその土地ならではの風土があり、文化が根付いている。その地域に根付いた文化を『地文化』と称し、東海エリアに店を構える老舗酒店とレストランと協力し、料理やお酒を通して味わい体感できる屋台村を考えた」と言う。

[広告]

 「地文化美味屋台」では、老舗酒店が出店するイベント限定のバーが登場。参加酒店は、自然派ワインを中心にそろえる「mArcohall(まるこほーる)」(中区)、岐阜県中津川市の酒店「中山道大鋸」が手掛ける東美濃エリアの地酒を提供する「MEETS HIGASHI-MINO」、「うまい酒しかありません」をキャッチフレーズに掲げる酒店「安田屋」(三重県鈴鹿市)、角打ちも楽しめる大曽根駅近くの「みのや北村酒店」(東区、14日のみ出店)が出店し、ワインや日本酒など約50種類のが集まる。参加者にはイベントのために作った美濃焼のオリジナルカップ(持ち帰り可)で提供する。

 そのほか、自家焙煎(ばいせん)コーヒーを販売する「BEANSBITOU」も出店し、コーヒーカップ(好みのカップを選択できる。持ち帰り可)付きでコーヒーを提供する。

 フードは、新鋭シェフがイベントのために作った料理を販売。参加シェフは、レストラン・ギャラリー・石庭で成る空間「ちそう菰野」(三重県三重郡菰野町)の田代理恵さん、カリフォルニア料理をベースにした「Restaurant The Valencia」(昭和区)の山田武雄さん、中華ベースの創作料理「RESTAURANT CULTIVATE」(三重県松阪市)の山本祐也さん(13日のみ)。

 ドリンクとフードは専用コインと引き換え制。ドリンクは1杯=コイン1~2枚、フード1品=コイン2~3枚で販売する。利用客は最初に「1st Drink Charge」(800円、オリジナルカップ+コイン1枚付き)に加え、コイン(3枚=900円または6枚=1,500円)を購入する必要がある。

 前売りチケット(2,800円、オリジナルカップ+タイルコイン10枚付き)も数量限定で販売。「少量ずついろいろなメニューが楽しめる」食べ比べセット(1,400円、オリジナルカップ+タイルコイン1枚+3人の料理人の盛り合わせセット付き)も販売する。会場は基本的に立ち飲み。

 会場では「美濃焼やきもの市」も開催。多治見の陶器メーカー「丸朝製陶所」の、白磁を中心としたデットストック品やB品を販売する。同企画での購入は現金のみ利用可能。

 開催時間は11時~17時。