食べる

大須に世界42カ国へ展開する台湾発「チャタイム」 愛知限定メニューも

「お薦め」という仙草ゼリーをトッピングしたミルクティーを手に笑顔を見せる蘇欣社長(左)

「お薦め」という仙草ゼリーをトッピングしたミルクティーを手に笑顔を見せる蘇欣社長(左)

  •  
  •  

 世界6大陸42カ国に1000店舗以上を出店する台湾発のドリンク専門店「Chatime(チャタイム)」の大須店(名古屋市中区大須3、TEL 052-212-7313)が12月27日、オープンした。

ネオンサイン前で撮影した仙草ゼリーをトッピングしたミルクティー

 2005年にラ・カッファ・インターナショナルが台湾で1号店をオープン。2007年には出店数が100店舗に達し、現在はアメリカ、イギリス、ドバイ、フランス、中国、インドネシア、オーストラリアなどに出店。2018年にはパリのルーブル美術館ショッピングエリア「プランタンルーブル」内に出店し話題を集めた。日本には2013年に1号店をオープン以降、「銀座SIX」「渋谷109」や「みなとみらい」などの関東、関西に展開。東海は大須店が初。

[広告]

 チャタイム日本愛知県総代理を務めるのはサンライズ。蘇欣(ソ・キン)社長は「名古屋の方にもおいしいチャタイムのドリンクを味わってほしいという思いで出店した」と話す。近年タピオカドリンクの出店が多く、「名古屋におけるタピオカの聖地」である大須に愛知1号店の場を選んだ。今後も県内で店舗展開していく予定。

 大須店は2フロアで1階はオーダーカウンターとキッチン、2階に18席の客席を設ける。店舗内は沸かしたお茶の香りで包まれている。世界に展開して広く知られているため、プレオープン中から大須の店舗を訪れる外国人客も多かったという。

 メニューのカテゴリーはミルクティー、ミルク、ジュース、フルーツティー&オリジナルティー。ミルクティーのラインアップは「チャタイム ミルクティー」、ウーロン茶の茶葉をいった「ほうじ茶 ミルクティー」(以上、レギュラー440円~)、「抹茶 ミルクティー」(同490円)、愛知限定の「ハニー ミルクティー」「マンゴー ミルクティー」「ココナッツ ミルクティー」(以上、同490円~)など。

 タピオカ(パール)ミルクは「黒糖パール ミルク」(レギュラーのみ620円)、愛知限定の「黒糖パール 抹茶 ミルク」(同650円)。ジュースは「マンゴー ジュース」(「ハニー 柚子(ゆず) ジュース」(以上、レギュラー460円~)、フルーツティー&オリジナルティーは「グレープフルーツ グリーンティー」「マンゴー グリーンティー」(以上、同460円~)など。氷の量、甘さなどを調整できるほか、ホットにも対応する(一部商品を除く)。

 トッピングはパール(少なめ50円、普通80円、多め110円)、仙草ゼリー、ナタデココ、プリン(以上70円)、あずき(90円)、パールとナタデココの両方が入った「QQ」(80円)。ブラウンシュガーで味付けしたタピオカは大粒でもちもちの食感が特徴。タピオカは時間がたつと固くなってしまうので「30分以内だとおいしく飲んでいただける」と蘇社長。「お薦め」という仙草ゼリーは甘さ抑えめで苦味もなく、つるつるの食感。トッピングは最大3つ。

 営業時間は11時~22時。