天気予報

30

24

みん経トピックス

五十嵐匠監督が来名名古屋在住作家が酒場対談

名古屋おもてなし武将隊が県内外に出陣 日本文化紹介や武将隊博覧会

名古屋おもてなし武将隊が県内外に出陣 日本文化紹介や武将隊博覧会

セントレアで開催される「第一回 全国武将隊大博覧会~宴~」

写真を拡大

 名古屋城での演武などで人気の「名古屋おもてなし武将隊」が、2月、3月に東京、常滑市などで主催イベントを行う。

 名古屋おもてなし武将隊は名古屋の観光PR活動を目的に、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、前田利家、加藤清正、前田慶次の6武将と、4人の陣笠(がさ)隊で2009年に結成。名古屋城内での文化・観光案内や演武披露など、さまざまな活動を行っている。

 名古屋城以外でも多くのイベントに出演して地域文化や歴史の魅力を伝えるPRを行っている同隊。2月12日~14日、3月29日~31日に東京・浅草「雷5656会館」で、海外から訪れた観光客や日本在住の外国人のための日本文化体験ショー「SAMURA&NINJYA SHOW in Asakusa(サムライ&ニンジャ・ショー・イン浅草)」を開催する。

 同イベントは日本の伝統文化を世界の多くの人に知ってもらい、日本のファンを増やし、観光地への誘客にいかすために行われる体験型の企画。ステージでは武将の殺陣や忍者のパフォーマンスと体験、芸者のお座敷遊び体験のほか、和太鼓、鳴子総踊り、お祭りなどさまざまな伝統文化を紹介。甲冑(かっちゅう)試着、武将との写真撮影や手裏剣投げの体験コーナーなども設置する。

 2月20日・21日には常滑市「中部国際空港セントレア」で、全国の武将隊が集結するイベント「第一回 全国武将隊大博覧会~宴~」を開催する。

 同イベントは「信州上田おもてなし武将隊」、「奥州・仙台おもてなし集団 伊達武将隊」など全国各地で活動する武将観光チーム12団体が登場。合同演武や「イケ武将選手権」、「よもやま談義」などの隊を超えたパフォーマンス、コラボトークを行う。「全国武将隊検定」やワークショップなどの参加型企画も。愛知県からは名古屋おもてなし武将隊のほか「AICHI PRINCESS SAMURAIあいち戦国姫隊」「徳川家康と服部半蔵忍者隊」等が参加する。

 「サムライ&ニンジャ・ショー・イン浅草」は1日2回開催。2月12日、13日、3月29日、30日=15時~、19時~。2月14日、3月31日=14時~、18時~。大人3,000円、小人(12歳未満)2,000円。3歳未満で大人の膝上などに座る場合は無料。

 「第一回 全国武将隊大博覧会~宴~」は2月20日=10時~18時30分、21日=9時30分~17時30分。入場無料。

グローバルフォトニュース