天気予報

24

19

みん経トピックス

特集

エリア特集2008-09-18

ライブハウス内に人工芝や名古屋めし
名古屋出身ロックバンド、the ARROWSのイベントに迫る

  • 0

 名古屋出身の5人組ロックバンド、the ARROWS(アロウズ)が主催するライブイベント「N2B FESTIVAL MUTATION」が今年も開催される。「おもてなし」の心を大切にした、彼ららしい屋内音楽フェステバル。名古屋めしも充実するという一風変わったライブイベントの魅力に迫る。

名古屋発、多ジャンルの音楽イベント−エアギターのダイノジも

名古屋出身の5人組ロックバンド、the ARROWS(アロウズ)が主催するイベント『N2B FESTIVAL MUTATION 08』が9月20日、ダイアモンドホール(名古屋市中区新栄2、052-265-2665)で開催される。同イベントは19時から翌朝5時までと「オールナイト」で開催され、DJとライブアクトが朝まで楽しめる。

 ダイアモンドホールでの開催は今回で2回目となるが、アロウズを中心とした「ロック的なメンツ」となった昨年に対し、今年はエンタテインメント性に特化したアーティストラインナップが特徴だ。

 その筆頭とも言えるのが、名古屋在住ヒップホップユニットとして世に知られるnobodyknows+。近年は他ジャンルのイベントにも数多く参加しており、この日も違った客層を前にしてのパフォーマンスに期待高まる。そして名古屋ヒップホップシーンの若手筆頭、カルテット。彼らはアロウズとのコラボレーション曲も発表しており、この日もステージでの共演に期待したい。

 そして今回最大の飛び道具となるであろう、いとうせいこう!ゆるめのビートが心地いいポメラニアンズを従え、どんなパフォーマンスを見せるか。エアギター世界一の称号を持つダイノジは2年連続の参戦となる。また若手ダンスアクトとして注目を集めるthe telephones、限りなく日本最強に近い編成からソウルフルなビートを聞かせるNONA REEVESも参戦と、ジャンルに囚われない幅広いメンツが集結する。もちろんオールナイトパーティには必須のDJ勢も多数ラインナップされている。

ライブハウスのイベントでは珍しいレストスペースも設置

 そしてこのイベントで忘れることができないのが、環境面の充実である。ライブハウスでのオールナイトイベントというのは、想像以上に体力を使う遊びでもある。そこに配慮し、ライブハウスの後方スペースには大きな人工芝エリアを展開。昨年はここで寝転んだままライブを楽しむ姿も見られた。またフードコートには味噌カツ、味噌おでんなどのいわゆる「名古屋めし」がズラリ。屋内フェスティバルと呼んで差し支えの無い、遊び心もふんだんに盛り込まれたものとなっている。

 実はこのイベント、その前身はアロウズがclub JB'S(中区栄4)で開催していた「N2B GUITAR MUTATION」というパーティだった。クラブという場所でバンドアクトとDJによるイベントを行ったこと。そしてアロウズが特定のライブハウスを拠点とせず、むしろclub JB'Sでのこのイベントをホームとしていた感があったこと。これは当時のバンドシーンでは本当に珍しいことだった。アロウズはメジャーデビュー時「ダンス」「パーティ」というキーワードで語られることが多かったが、それは決してこの事実と無関係ではないはずだ。自分たちがただライブをするだけでなく、快適なパーティスペースを作り上げる。イベントのホームページでは「ホスピタリティ」、いわゆる 「おもてなし」という言葉がたびたび使われているが、そのホスピタリティ精神はclub JB'S時代に培われたものと言える。

 現在は会場をダイアモンドホールに移したが、イベントの根底にあるのはやはりホスピタリティである。それぞれのライブアクト、DJを楽しむのはもちろんのことだが、参加しているだけで楽しい、そう思えるべく整えられた環境にもぜひ注目して欲しい。

N2B FESTIVAL MUTATION 08

PROFILE
阿部 慎一郎
尾張旭市在住 音楽編集兼ライター。某チケット誌で主に活動中。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング