日産名古屋ギャラリーにガチャピンとムック-「新型セレナ」のイベントで

日産名古屋ギャラリーに登場したガチャピンとムック

日産名古屋ギャラリーに登場したガチャピンとムック

  •  

 7月12日・13日、日産名古屋ギャラリー(名古屋市中区栄3、TEL052-961-5731)で開催中の「新型セレナ」の特別展示イベントの一環で、ガチャピンとムックがステージイベントを行った。ガチャピンとムックは、昨年12月に「新型セレナ」のイメージキャラクターとして特別宣伝部員に起用された。

 会場には、子どもを連れた家族をはじめ、カップル、友人同士など多くの人が集まり、ガチャピンとムックの登場を待ちこがれていた。日産名古屋ギャラリーは栄の地下街に位置し、多くの人が行き交う場所のため、イベントが始まるとガチャピンとムックの存在に気付いた通行客が、一目見に多くの人が駆け寄り、携帯やデジカメを構え写真に収めていた。

[広告]

 多くの人を前にムックは「写真を撮るだけで帰っちゃうのはさみしいな~」というコメントに続き「全身味噌煮込みうどんの暑苦しいと思われているムックで~す!」と名古屋ネタをからませて自己紹介した。「新型セレナ」のアピールで時折、吉本芸人のエド・はるみさんのギャグ「ルッキング~」「マッチング~」を絡め、笑いを誘っていた。

 イベントは「はたらくくるま」「いっとうしょうたいそう」などの歌とダンスを披露し、一緒に踊る子どもの姿、参加客の手拍子で会場はにぎわった。ゆったりとした広い車内をアピールするシーンでは、ガチャピンが後部座席に乗り込み、「ハワイに行ってサーフボードを積んでいきたいな」とスポーツ万能なコメントを披露し、ムックは「サーフボードを積んでもまだ余裕があるから、マンゴー、パイナップル…あと、ひつまぶし、天むす、ういろうとか忘れてはいけないっ」と食いしん坊ぶりを見せた。

 今回、特別宣伝部員のガチャピンとムックは、初めてプロデューサーも務め、「新型セレナ」のCM「はじめてをまなぼう!地引網」編を制作、出演したという。CMは、海で子どもたちと一緒に地引網で魚、タコなどを捕り、バーベキューや料理をするストーリー。ガチャピンは、企画からプレゼン、何度ものダメ出しなど「ムックはあら汁を20杯食べた」などエピソードを披露し、会場内のモニターで、ネクタイをはちまきに頭に巻いて会議で悩んでいるガチャピンや、撮影のシーン、完成したCMなどを上映。ガチャピンは「125個の企画を出したんだ~。ダメだしばかりで大変だった~」、ムックは「わたしも『手羽先ツアー』篇とか『味噌煮込みをみんなでつくろう』とかアイデアをだしたんですよ」。

 イベントの最後には、ガチャピンとムックそれぞれの名刺を手渡しする企画も行われ、会場に残ったほとんどの参加者が列を作り、うれしそうに名刺を手にしていた。

 会場には、「新型セレナ」のほか、世界に1台ずつだというガチャピン・ムックをモデルにしたオリジナルコラボレーションカーの「ガチャピンカー」(セレナ、特別展示車)、「ムックカー」(ラフェスタ、特別展示車)を展示。それぞれガチャピン色、ムック色のボディーで、ボンネットにはキャラクターの顔が描かれている。営業時間は10時~20時。展示は今月16日まで。

多くのファンが囲む中、イベントを進めるガチャピンとムック(関連画像)車内の広さをアピールするガチャピン(関連画像)食べ物の話で盛り上がり車にかみつく食いしん坊なムック(関連画像)日産ギャラリー