食べる

栄で本格焼酎&泡盛フェスタ 100銘柄を料理と合わせ試飲、トークライブも

女性参加者が多かった昨年開催時の様子

女性参加者が多かった昨年開催時の様子

  •  

 100銘柄を試飲できる「本格焼酎&泡盛フェスタ2018 in 名古屋」が10月5日、中日ビル(名古屋市中区栄4)5階の中日パレスで開かれる。主催は日本酒造組合中央会と東海ラジオ放送。

ズラリと並ぶ泡盛(昨年の様子)

 名古屋開催は今年で8回目。「東海エリアの方に向けた、本格焼酎と泡盛の認知度、親近感の向上」を開催の目的に据える。参加者は女性が多く、年齢層は20代の大学生から50~60代の夫婦など幅広いという。

[広告]

 2部構成で、1部はトークライブ。焼酎アドバイザー・葉石かおりさんが初心者にも分かりやすく焼酎の「おいしい飲み方」を話すほか、野球評論家の井上一樹さんが焼酎・泡盛にまつわるトークを披露する。

 2部は試飲会を行う。鹿児島、熊本、宮崎などの九州エリアをはじめ全国から、米焼酎、麦焼酎、芋焼酎、沖縄の泡盛など豊富な種類が集まるという。飲み方も指定できグラスで提供する。蔵元(造り手)も来場に参加者は交流しながら楽しめる。焼酎の銘柄リストは会場で参加者に配られる。

 会場には焼酎や泡盛に合うつまみ料理も用意され、自由に食べることができる。過去のメニュー内容は、芋焼酎に合わせた「ハニーマスタードベーコン」、麦焼酎に「レンコンチーズせんべい」、米焼酎に「枝豆とアサリの煮びたし」、泡盛に「レバーの一口カツ」を用意した。そのほか、ミックスサラダ、冷製スープ、フルーツ盛り合わせ、プチケーキとプリンなども。

 参加料金は2人1組=2,000円(トークライブ、試飲、料理全て込み)。定員は100組200人。東海ラジオ放送のホームページまたははがきで受け付ける。申し込み締め切りは9月25日。詳細は東海ラジオ放送事業部(TEL 052-962-6151、平日10時~12時、13時~17時)で受け付ける。

 開催時間は19時~21時20分(予定)。